経験&体験

【体験談】中小企業のワンマン社長経営の情報通信会社とは、どんな会社かお話ししよう!!

 

こんにちは、シモシです。

専門学校を卒業し、新卒で入った1社目の会社がここです。

地元ではそこそこ大きかった情報通信関係の会社で、知名度もありました!

当初はこの会社に入社できた事を大変喜び、「辞めることなんてないだろう!」と思っていて、ワンマン経営というのがどういうものなのか良く分からなかったです。

しかし、働き続けていく内にワンマン経営というものがどういったものなのか、身をもって知ることになっていくのでした・・・。

 

会社の良かったところ

Shimoshi
この会社の良かったところについてお話しするよ!!
  • 専門学校で学んだ情報通信技術を活かせた
  • 社員数60人前後の会社で悪意がある人はいない
  • アットホームな感じで社員同士仲が良い
  • 地元企業としては給料は良かった
    (手取り20万円~23万円)
  • ボーナス、退職金があり、福利厚生もしっかりしていた
  • 社内イベントでお花見や飲み会があった

入社してから1年目は、仲の良い同期・先輩達がたくさん居て、毎月飲み会をやったり笑いが絶えないとても楽しい日々を送ることができていました。

先輩達からは仕事で分からないこと、会社のことを丁寧に教えてもらい、社会人とはなんたるかを色々と叩き込んでもらいました。

専門学校で学んだ情報通信のスキルや知識を活かせる仕事であったこと、入社したての頃という事もあって、任された仕事の業務負荷もそこまで多くなかったこともあり、この時は働くことの充実感を味わうことが出来ていました。

給料も地元企業としてはそこそこ良い方でしたし、ボーナスもありました。

当初は「この会社なら転職なんかしないなぁ」と思っていました。

 

・・・と・・・ところが、

 

この時はまだこの会社の闇の部分が見えていなかった時期でした・・・

2年目以降、徐々に会社に対しての闇の部分が見えてきたのです(T-T)

 

会社の残念だったところ

Shimoshi
今度はこの会社の残念だったところのお話しだよ
  • ワンマン経営の為、独自の古い文化が根付いている
    (お中元、お歳暮は必ず社長に持って行く、年賀状は社長だけでなく社員全員に必ず出さなければならないなど)
  • 社長にとってのイエスマンが殆ど
    (この影響で社員にとって働きづらい環境が充実してしまっていた・・・)
  • 人が少ないので常に業務負荷が多くサービス残業が当たり前
  • 部署関係なしに、全社員毎月日曜日に営業しなければならない日がある
  • 社員の入れ替わりが激しい
  • 有給休暇というものが存在しない
  • 社長の運転手をする為だけに休日出勤しなければならない日もある

ワンマン経営の会社、というものを痛感する会社でしたね。

あまり良い例えではありませんが、北朝鮮の様なイメージです。

社長の一声で、むちゃくちゃな働き方をせざるを得なくなるのです。  

部署関係なしに、全社員毎月日曜日に営業しなければならない日があるというのがまさにコレです。

情報通信業という事もあり、休日出勤しなければならない時があるのは仕方ない事ですが、社長の運転手や、社長宅のゴミを持ち出してくれという仕事に関係ない事の為に休日に呼び出されることもあるのです。

また、社員数に対しての業務負荷がやたらと多かったのはキツかったです。

「経費を節約するため、今まで下請け業者に工事発注していたものを全て自社でやるように!!」というめちゃくちゃな指示が出た時もありました。

現場で働いている社員も困りましたが、下請け業者の方々は仕事がいきなり無くなってしまったので、死活問題だったと思います。 

こういった事から、会社が嫌になって辞めていく人が毎年2~3人ほど居ました。そしてまた人が減り、残った人たちの業務負荷が増えるという負のスパイラル状態。

仲の良かった同期や先輩達も辞め、仕事は忙しくなるばかり・・・。

会社の中の雰囲気もどんよりしていき、僕も仕事へのモチベーションが無くなっていきました。

そして入社3年目辺りから転職しようかずっと悩む日々が続く事になったのでした。

 

新卒から働き続けて7年目でようやく転職先が決まった

転職したいなぁ・・・。

常にそう思うようになり、いくつかの転職サイトに登録して密かに転職活動を行っていました。転職経験は初めてだったので、転職の決意を決めて成功させるまでに7年も掛かってしまいました(--;)


転職先は愛知県にある自動車部品設計の派遣・委託会社に転職することが出来ました。

何故愛知県の、しかも情報通信関係ではなく設計の会社にしたかというと、

  • 情報通信関係は、当直日直があり、緊急時は休日夜間問わず呼び出されるというのがもの凄く嫌だった
  • 昔からものづくりに興味があった
  • 学生時代に名古屋に住んでいて、名古屋が好きだった
    (県外に出たかったという気持ちも凄くあった)
  • 製造業は土日休み、連休がある
    (情報通信の会社は長くても4~5連休で、連休のどこかで日直か当直がある)

といった理由があったからです。

 

ワンマン経営の会社についてまとめ

ワンマン経営の会社は、会社の規模や性質から小回りが非常に効きやすいです。

大企業の様に、書類の承認を得るまでに1週間~2週間かかるといった事が無く、早くて当日中に社長の承認が下りる事もあります。

会社の規模もそんなに大きくないので全社員と顔を合わせたり話したりできます。

大企業よりも会社と親密になりやすいという事ですね。

 

反面、社長から直接いろいろと頼まれる事もあります。

仕事の事だけでなく、社長のプライベートの事を頼まれる事もあるのです。

規模が小さい分会社内の独自の文化も強く、社長が定めた独自のルールがあったりします。

もう小さな国です。

 

大企業はマニュアルを守り、ワンマン企業は社長や経営者のルールを守る!!

これまで転職を繰り返してきて学んだ事です!!

  • この記事を書いた人

シモシ

超絶不器用サラリーマン。過去3回転職しています。 現在4社目の会社は工場で交代勤務をしています。 会社員には向いていない社会不適合者なので、将来ブログやyoutube、投資で生きていける様に現在挑戦中です。 趣味はダーツ、VODで映画やアニメを見る事、音楽配信サービスで気分に合った音楽を聴くこと、投資関連です。

-経験&体験
-,

Copyright© シモシの人生逆転を目指す物語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.